SSブログ

トルコの土台を揺るがすグーレン運動 [アジア]

一時は、トルコの軍部の勢力に対抗し共同戦線を張っていた、現首相のエルドワンと、現在アメリカに移住して穏健イスラム主義を説くグーレンイスラム教教師、仲たがいが、トルコの土台を揺すっている。

グーレン運動と呼ばれる国際的な新イスラム運動。

アルカイダやその他の過激イスラム集団に対比されて”穏健イスラム運動”。

三本柱の穏健イスラム主義で、1)科学に重点を置く。2)異教徒間の対話を奨励する。3)多党政治を奨励する。

密かに勢力を伸ばす隠れイスラムの様で、トルコの行政府に信者が増えているらしい。

10年続いた現エルドワン政権、やはり絶対権力は腐敗を産むのか、金銭スキャンダルが噴出し始めた。

エルドワンは、スキャンダルの摘発はグーレンの差し金で政府を内部から壊すクーデターだと、グーレン一派との戦いを宣言している。

バイロン


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0