SSブログ

逆襲 カーソンのロシア軍苦境に [プーテインの戦争]

ロシア軍のウクライナ侵攻で先ず占領したのが、同国南東部のカーソン市。29万人の市民は現在ロシア政府の治下にある。プーテインは特別政令を発して、カーソン市民に、ロシアのパスポートを与えている。次はクリミアで使用したトリック、”住民投票”。プーテインは、カーソン市で”住民投票”を画策中。昨日のウクライナ軍、及び英国国防相の発表によると、ウクライナ軍に支給された、米国製中距離地対地ミサイル、”ハイマール”により、カーソン市へのロシア軍補給路が、絶たれた。ドニエプル河を超えてロシア本土から補給される、武器、弾薬、食糧に打撃。戦況の転換となる可能性が生じた。


バイロン

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント